工場紹介

 

作業所内は匠の技を表現するための、切断・工作・研磨機器が並んでいます。

 まず、仏壇の骨格となる外枠の木組みから作成して、外観を構成していきます。 組立てスペースには電動糸鋸によって細かな細工を切り出し、数多くのカンナやノミ等で模様を彫り上げていきます。 最後に、塗装を施し、内部部材を組み付けていきます。
 欅は若木のうちは暴れるために、狂いを自然の中で年月をかけて乾燥させ、落ち着かせています。





展示スペース

 展示スペースには基本的な形やデザインの見本が展示されています。 オリジナルをご希望のお客様には、色合いやサイズをお伺いし、別途お見積させていただきます。